電子タバコvapeの特徴とは?どんな種類があるの?


電子タバコとタバコは何が違う?

電子タバコはvapeとも呼ばれており、ニコチンやタールが含まれていない点が特徴です。リキッドという専用の液体を、電力で加熱して香りの付いた蒸気を楽しみます。通常の紙巻きタバコはタバコの葉に火を付けて燃焼させて使用します。タバコを吸った際に発生する煙の中にはニコチンやタール、一酸化炭素など健康に影響がある物質が含まれていますが、vapeを使用した際に発生する煙は水蒸気という点も大きな違いでしょう。

また、ニコチンなどを発生させるタバコの中には加熱式タバコも含まれます。vape同様に火を使わずに電力で加熱を行いますが、タバコの葉を加熱するためニコチンを含んだエアロゾルを吸う点がvapeとは異なります。その他にも、紙巻きタバコと加熱式タバコはタバコ税がかかりますが、vapeはタバコ税がかからないという違いがあります。

電子タバコvapeの選び方とは?

vapeはリキッドタイプとカートリッジタイプ、使い捨てタイプの3種類に大きく分類されます。リキッドタイプの特徴は電子タバコ本体に自分の好きなリキッドを入れて使用することです。そのため多くの香りを楽しむことが可能ですが、リキッドを入れるアトマイザーや本体を定期的にお手入れする必要があります。カートリッジタイプは専用の電子タバコ本体にカートリッジを付けて使用します。

リキッドタイプと違ってお手入れの必要はありませんが、カートリッジごとにリキッドの種類が決まっているためオリジナルの香りを楽しむことは出来ない点がデメリットです。最後の使い捨てタイプはその名の通りに使い終わったら処分するため、電子タバコを試してみたい初心者向けのアイテムです。使い捨てタイプもカートリッジタイプ同様にリキッドの種類が少なめです。

ニコチンリキッドは、安全上の理由で国内で出回る機会は少ないものの、海外の電子タバコの愛用者の間では根強い人気があります。