機械式時計はどう選ぶといいのか?資産価値で選ぶのかメーカーの対応で選ぶのか?


資産価値を考慮して購入する

投資をすると言えば株式や不動産などになるでしょう。その他には価値のある宝石に投資するときがあり、将来的に価値が上がれば売買差額分を儲けにできます。実は機械式時計を投資として購入する人がいて、将来価値が上がりそうな時計を買っておき資産価値が上がったところで売却をするようです。元々機械式時計は数万円以上するものが多く、メーカーによっては数十万円やそれ以上が当たり前のものもあります。すべての時計の価値が上がるわけではありませんが、デザインに人気があったり販売数が少なかったりするとプレミアがつくこともあります。資産価値を重視すると言っても必ずしも将来の売却を前提とするわけではなく、コレクションとして購入する人も多いです。

アフターサービスの手厚さで選ぶ

機械式時計のメーカーは日本にもいくつかありますが、世界においてはスイスなどがよく知られています。本社がスイスにあっても日本にも支店があったり販売代理店があったりするのでトラブルが起きても対応してもらえます。ただ日本のメーカーに比べると海外のメーカーは手続きが面倒だったり修理の期間が長くなるなどの問題もあるでしょう。機械式時計を選ぶときにはアフターサービスの厚いところにするのが良いときもありそうです。日本のメーカーなら国内で対応してくれるので配送期間が少ない分手元に戻るまでの時間が短いです。一方海外のメーカーのものでも日本で修理してもらえることもあり、その時はあまり時間がかかりません。永久保証を謳っているメーカーは基本的に保証期間が決まっておらず、故障してもきちんと直してもらえます。

時計通販のヨシダ